Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

29日以降、国内70サイト以上が改ざん被害 - 攻撃サイトへ誘導

10月29日以降、国内サイトの改ざんが相次いでいることがわかった。トレンドマイクロのまとめによると被害に遭ったサイトは70件以上に及ぶという。

同社によれば、今回の改ざん攻撃は、端末や共有フォルダ内のファイルを強制的に暗号化し、金銭を脅し取るランサムウェアへ感染させる攻撃の一環。改ざんサイトからの誘導先は同一のサイトで、エクスプロイトキット「Angler」で作成されており、「Adobe Flash」や「Java」における既知の脆弱性を攻撃していたという。

中小企業のほか、教育機関、地域の団体、個人ページなど幅広いサイトが被害に遭っているが、小規模なサイトが多いが、国内から攻撃サイトへのアクセス数は、2万件以上にのぼると同社では試算している。

同社は、被害に遭わないよう、最新のプログラムへアップデートし、脆弱性を解消するよう注意を呼びかけているほか、危険なウェブサイトへの接続やランサムウェアの感染を防止するセキュリティ対策ソフトの活用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
PWリスト攻撃で顧客情報改ざん、第三者クレカ情報が不正登録
葛飾区、改ざんで閉鎖していた施設サイトを再開 - 1カ月半ぶり
救急医療機関の情報サイトが改ざん被害、公開を停止 - 鳥取県
病院や施設など24サイトが改ざん - 北海道の医療法人
「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス