Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

29日以降、国内70サイト以上が改ざん被害 - 攻撃サイトへ誘導

10月29日以降、国内サイトの改ざんが相次いでいることがわかった。トレンドマイクロのまとめによると被害に遭ったサイトは70件以上に及ぶという。

同社によれば、今回の改ざん攻撃は、端末や共有フォルダ内のファイルを強制的に暗号化し、金銭を脅し取るランサムウェアへ感染させる攻撃の一環。改ざんサイトからの誘導先は同一のサイトで、エクスプロイトキット「Angler」で作成されており、「Adobe Flash」や「Java」における既知の脆弱性を攻撃していたという。

中小企業のほか、教育機関、地域の団体、個人ページなど幅広いサイトが被害に遭っているが、小規模なサイトが多いが、国内から攻撃サイトへのアクセス数は、2万件以上にのぼると同社では試算している。

同社は、被害に遭わないよう、最新のプログラムへアップデートし、脆弱性を解消するよう注意を呼びかけているほか、危険なウェブサイトへの接続やランサムウェアの感染を防止するセキュリティ対策ソフトの活用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
サイト改ざんが判明、外部へ誘導される状態に - 知多半島ケーブルネットワーク
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生