Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CENTUM」など横河電機の制御システムに複数の脆弱性

横河電機の制御システム「CENTUM」やOPCサーバ「Exaopc」などに複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

ネットワーク経由で不正なパケットを送り付けられた場合に、コードを実行されるおそれがある「CVE-2015-5628」をはじめ、機能が停止するおそれがある「CVE-2015-5626」「CVE-2015-5627」など含まれていることが判明したもの。

同社は、最新版で脆弱性を修正しており、アップデートを推奨している。すぐにアップデートすることが難しい場合は、制御機器を使うネットワークを他ネットワークから分離するなど軽減策の実施を呼びかけている。

今回判明した脆弱性の影響を受ける製品は以下のとおり。以前のバージョンも含まれる。

CENTUM CS 1000 R3.08.70
CENTUM CS 3000 R3.09.50
CENTUM CS 3000 Small R3.09.50
CENTUM VP R5.04.20
CENTUM VP Small R5.04.20
CENTUM VP Basic R5.04.20
ProSafe-RS R3.02.10
Exaopc R3.72.00
Exaquantum R2.85.00
Exaquantum/Batch R2.50.30
Exapilot R3.96.10
Exaplog R3.40.00
Exasmoc R4.03.20
Exarqe R4.03.20
フィールド無線用OPCサーバ R2.01.02
PRM R3.12.00
STARDOM VDS R7.30.01
STARDOM OPC Server for Windows R3.40
FAST/TOOLS R10.01
B/M9000CS R5.05.01
B/M9000 VP R7.03.04
FieldMate R1.01

(Security NEXT - 2015/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
6月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
リフォーム情報サイトのメルアカに不正アクセス - スパム踏み台に
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍