Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修受講者の個人情報含むデータを誤公開 - 大阪府社会福祉協議会

大阪府社会福祉協議会は、職員研修の受講者の個人情報が記載されたファイルを、誤ってウェブサイトに掲載していたことを明らかにした。

同協議会によれば、9月に実施する研修の受講予定者向けに資料を8月5日に公開したところ、前回の研修受講者が記入した別のシートを誤って公開してしまったという。

14日に受講予定者から連絡があり、問題が判明。同協議会では、対象となる受講者や所属の施設長に対し、報告と謝罪を行った。

誤って掲載したシートには、第1回受講者41人の氏名や施設名、職名、上司の氏名やコメントのほか、職務や福祉の仕事に関する記述があった。掲載されていた期間中、15回のアクセスがあったという。

(Security NEXT - 2015/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村