Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインセミナー「直伝チャンネル」に不正アクセス、アカウント情報流出か

オンラインセミナーを配信するウェブサイト「直伝チャンネル」が不正アクセスを受け、利用登録者のアカウント情報が流出した可能性のあることがわかった。

サービス運営会社の直伝によると、不正アクセスは2月18日早朝に発生。これにより、利用者が同サイトに登録したメールアドレスやユーザー名、パスワードが流出した可能性があるという。同サイトは現在閉鎖されている。同社のセミナーシステムについては、別のサイトで運営しており影響はないと説明している。

流出したパスワードは暗号化されているが、同一のパスワードを他のサービスでも使用している場合は、念のため変更するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト