Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android版「JR東日本アプリ」に脆弱性 - SSLサーバ証明書の検証に問題

「JR東日本アプリ」のAndroid版に脆弱性が存在し、悪用されると通信内容を盗聴されるおそれがあることがわかった。修正版が公開されている。

20140618_je_001.jpg
JR東日本アプリ

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、Android向けに提供されている「JR東日本アプリ」において、SSLサーバ証明書の検証処理に脆弱性「CVE-2014-2001」が存在するという。脆弱性を悪用されると「マンインザミドル(MITM)」攻撃を受け、暗号化通信の内容が盗聴されるおそれがある。

今回の脆弱性は、石田暁久氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。修正にあたり、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。JR東日本では、脆弱性を解消した最新版となる「同1.2.0」を公開、提供を開始している。

(Security NEXT - 2014/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
「Struts 2」脆弱性、公開2日後には攻撃発生 - 攻撃者は1週間前から別の攻撃も展開
Facebookの脆弱性にサイバー攻撃、約5000万ユーザーに影響 - 誕生日祝福機能にバグ
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも
脆弱な「Struts 2」サイトの探索行為 - ロシアの攻撃グループが関与か
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
CiscoやOracle、「Struts 2」脆弱性の影響受ける製品をアナウンス
「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き