Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android版「JR東日本アプリ」に脆弱性 - SSLサーバ証明書の検証に問題

「JR東日本アプリ」のAndroid版に脆弱性が存在し、悪用されると通信内容を盗聴されるおそれがあることがわかった。修正版が公開されている。

20140618_je_001.jpg
JR東日本アプリ

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、Android向けに提供されている「JR東日本アプリ」において、SSLサーバ証明書の検証処理に脆弱性「CVE-2014-2001」が存在するという。脆弱性を悪用されると「マンインザミドル(MITM)」攻撃を受け、暗号化通信の内容が盗聴されるおそれがある。

今回の脆弱性は、石田暁久氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。修正にあたり、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。JR東日本では、脆弱性を解消した最新版となる「同1.2.0」を公開、提供を開始している。

(Security NEXT - 2014/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
「Spring」関連で5件の脆弱性 - 3件が「クリティカル」
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
「Adobe Creative Cloud」デスクトップ版に3件の脆弱性
「Spring Data Commons」脆弱性、PoCで悪用容易 - 「Spring Framework」利用者は注意を
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス