Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月に発生したサイト改ざんを公表 - 日本バスケットボール協会

日本バスケットボール協会(JBA)は、2月中旬から3月中旬にかけて、協会の公式サイトが改ざん状態にあったことを明らかにした。

同協会によれば、サイトが外部より不正アクセスを受け、2014年2月中旬から3月中旬にかけて、一部ページにおいて改ざんが発生。閲覧すると外部サイトに誘導され、マルウェアへ感染する可能性があった。原因については調査中としている。

同協会ではすでにサイトの修復を完了しており、現在は通常通り提供している。また改ざん期間中にサイトにアクセスした利用者に対し、念のためウイルス感染の有無を確認するよう求めている。

同協会のサイト改ざんについては、同協会の発表に先立ち、5月8日にシマンテックが発表。水飲み場攻撃に利用され、当時未修正だった脆弱性が悪用されたことが明らかになっていた。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載について、シマンテックの発表日に誤りがありました。読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2014/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
PWリスト攻撃で顧客情報改ざん、第三者クレカ情報が不正登録
葛飾区、改ざんで閉鎖していた施設サイトを再開 - 1カ月半ぶり
救急医療機関の情報サイトが改ざん被害、公開を停止 - 鳥取県
病院や施設など24サイトが改ざん - 北海道の医療法人
「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス