Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSOK、「話者認識技術」の独自アルゴリズムを開発 - 加齢にも対応

綜合警備保障(ALSOK)は、音声によって本人確認を行う「話者認識技術」の独自アルゴリズムを開発したと発表した。

「話者認識技術」は、声の周波数などから話者を認識するもので、同社によれば、今回開発したあたらしいアルゴリズムでは、従来より少ない音声データから認証することが可能になったという。

またこれまで課題とされてきた年齢層により認識精度にばらつきがでる問題を解決した。さらに直近の「話した声」でデータベースを自動的に更新し、つねに最新の声質を登録。加齢による声質の変化にも対応できるという。

同社では、精度の向上などさらに研究開発を進め、今後2年以内の実用化を目指すとしている。

(Security NEXT - 2013/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ
「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が
マザーボード管理チップに脆弱性「USBAnywhere」が判明 - 影響機器がネット上に5万台弱
「Cisco IOS XE」のREST APIに深刻な脆弱性 - 特権操作のおそれ
ImpervaのクラウドWAF利用者情報が流出 - APIキーや証明書なども
小規模向けCisco製スイッチの脆弱性、エクスプロイトコードが公開
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習