Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSOK、「話者認識技術」の独自アルゴリズムを開発 - 加齢にも対応

綜合警備保障(ALSOK)は、音声によって本人確認を行う「話者認識技術」の独自アルゴリズムを開発したと発表した。

「話者認識技術」は、声の周波数などから話者を認識するもので、同社によれば、今回開発したあたらしいアルゴリズムでは、従来より少ない音声データから認証することが可能になったという。

またこれまで課題とされてきた年齢層により認識精度にばらつきがでる問題を解決した。さらに直近の「話した声」でデータベースを自動的に更新し、つねに最新の声質を登録。加齢による声質の変化にも対応できるという。

同社では、精度の向上などさらに研究開発を進め、今後2年以内の実用化を目指すとしている。

(Security NEXT - 2013/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
車両制御アプリに脆弱性 - リモートより制御奪われるおそれ
「Apache HTTP Server 2.4.39」が公開 - 脆弱性6件を修正
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
「VMware ESXi」など3製品に複数の深刻な脆弱性