Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSOK、「話者認識技術」の独自アルゴリズムを開発 - 加齢にも対応

綜合警備保障(ALSOK)は、音声によって本人確認を行う「話者認識技術」の独自アルゴリズムを開発したと発表した。

「話者認識技術」は、声の周波数などから話者を認識するもので、同社によれば、今回開発したあたらしいアルゴリズムでは、従来より少ない音声データから認証することが可能になったという。

またこれまで課題とされてきた年齢層により認識精度にばらつきがでる問題を解決した。さらに直近の「話した声」でデータベースを自動的に更新し、つねに最新の声質を登録。加齢による声質の変化にも対応できるという。

同社では、精度の向上などさらに研究開発を進め、今後2年以内の実用化を目指すとしている。

(Security NEXT - 2013/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み
複数無線LAN製品に脆弱性「BLEEDINGBIT」 - TI製BLEチップに起因、医療機器にも影響か
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
IPA、組織向けセキュリティ自己診断ツールに最新版 - データ拡充、統計資料も
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
FIDOアライアンス、12月に都内でセミナー開催
Windowsのログオン制御ソフトに認証回避の脆弱性