Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マジコン」訴訟、輸入販売の差止と賠償金の支払い命じる判決

任天堂は、ニンテンドーDSにおいて海賊版ゲームの起動を可能にする「マジコン」の輸入販売業者に対して輸入販売の差止めを求めていた訴訟において、勝訴したことを明らかにした。

同社とソフトメーカー49社が、輸入販売業者に輸入販売行為の差止めや損害賠償を求める訴訟を東京地裁に提訴していたもので、7月9日に東京地裁が訴えを全面的に認め、マジコンの輸入販売行為の差止めと、総額9562万5000円の損害賠償金の支払いを命じた。

マジコンの違法性は2008年の判決でも認められているが、同社は、今回の判決では正規ゲームソフトの販売に与えた損害に対する賠償責任も認めたもので、ゲーム業界にとって重要な判決であると位置付けている。

(Security NEXT - 2013/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
悪質業者の手口を知ろう - 特許庁が模倣品や海賊版の撲滅キャンペーン
マルウェア拡散の踏み台にされる日本マンガ - 海賊版サイトに潜む危険
ネットカフェに海賊版OS、経営者らを逮捕
Linuxに感染する「Mumblehard」 - 少なくとも5年前から活動
「ニセモノは、かわいくない!」 - 特許庁が海賊版撲滅キャンペーン
「なりすましサイト」に注意、放置すれば売上減少やクレーム殺到も
ハロウィンの便乗詐欺サイトが登場 - 年末年始も注意を
「Office」の海賊版を販売した夫婦を逮捕