Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府や独法、サイバー攻撃発生時に説明責任果たすことを徹底

情報セキュリティ対策推進会議は、第10回目の会合を開き、巧妙化するサイバー攻撃に備え、各政府機関において徹底すべき対策を決定した。

今回の決定により、各府省庁が情報システムに対するサイバー攻撃を受けた場合に、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)へ連絡することや、独立行政法人に対する攻撃発生時に、所管官庁へ連絡することなど、それぞれのセキュリティポリシーへ明記することとした。

あわせて、サイバー攻撃発生時に対処できるよう連絡体制の確認や構築を要請。大きな影響を及ぼす可能性がある情報漏洩やシステムの破壊が生じた際、説明責任を果たすよう求めている。

(Security NEXT - 2013/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
政府、「サイバーセキュリティ月間」関連行事の募集を開始
総務省と経産省、データポータビリティに関する検討会 - 社会インフラ分野も含め議論
イスラエル発の国際会議が国内初開催 - 軍関わる同国エコシステムの日本版に向けて議論
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催
町内会や同窓会など名簿作成時の注意点は? 政府が紹介動画
自動走行車両セキュリティの政府事業を受託、評価手法の国際標準化も視野に - DTRS
政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - ASEAN諸国と連携
2018年度のセキュリティ関連予算概算要求額は727.5億円