Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府や独法、サイバー攻撃発生時に説明責任果たすことを徹底

情報セキュリティ対策推進会議は、第10回目の会合を開き、巧妙化するサイバー攻撃に備え、各政府機関において徹底すべき対策を決定した。

今回の決定により、各府省庁が情報システムに対するサイバー攻撃を受けた場合に、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)へ連絡することや、独立行政法人に対する攻撃発生時に、所管官庁へ連絡することなど、それぞれのセキュリティポリシーへ明記することとした。

あわせて、サイバー攻撃発生時に対処できるよう連絡体制の確認や構築を要請。大きな影響を及ぼす可能性がある情報漏洩やシステムの破壊が生じた際、説明責任を果たすよう求めている。

(Security NEXT - 2013/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
経産省、ビルシステムのセキュリティ確保でGL案 - パブコメ実施
フィッシングに注意を促すポスターや画像素材を公開 - JCCAら
「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん