Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCS、全国の民間企業にソフトウェア管理を呼びかける文書を送付

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、国内の民間企業1万社に対し、ソフトウェア管理の実施を呼びかけるダイレクトメールを送付した。

今回の呼びかけは、組織内におけるソフトウェアの不正コピー防止のため、ソフトウェア管理の実施を要請する文書を送付したもので、4月1日より実施している「平成25年度組織内不正コピー防止キャンペーン」の一環。

経営者に対しては、ソフトウェア管理の重要性をまとめたリーフレットを提供し、ソフトウェア管理担当者宛てにソフトウェア管理の手法をまとめた小冊子を同封した。

同協会ではこのほか、「ソフトウェア管理者養成講座」の開催など、ソフトウェア管理の啓発や実践を支援する活動を実施する予定。

(Security NEXT - 2013/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首
「Share」を通じてマンガをアップロードした男性を逮捕 - これまで1000ファイル公開か
「Share」を通じてマンガ「進撃の巨人」をアップロードした男性を送検
「Share」によるマンガの公開者、相次いで逮捕 - 「アップロードはマナーと考えた」
国内コンテンツを販売した香港在住の男性が逮捕 - 監視システムで初検挙
「PerfectDark」でマンガを違法アップロードした男性を逮捕
発売前の少年ジャンプをアップロードして御用