Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバー攻撃解析協議会」を発足 - 政府や重要インフラ事業者へ情報提供

経済産業省と総務省は、関係省庁やインフラ事業者へサイバー攻撃の関連情報を提供する「サイバー攻撃解析協議会」を発足する。

同協議会は、攻撃手法の巧妙化が進むサイバー攻撃の防御に必要とされる解析を目的としたもので、7月4日に開催された第30回情報セキュリティ政策会議で、総務大臣と経産大臣が発表した。

同協議会には、両省にくわえ、情報通信研究機構(NICT)、情報処理推進機構(IPA)、テレコム・アイザック推進会議、JPCERTコーディネーションセンターの4団体が参加。内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)がオブザーバを務める。7月12日に第1回会合を開催する予定。

今後の活動では、各団体が保有するマルウェアの解析結果や攻撃元の情報、攻撃の予兆を示すネットワーク関連情報など情報を共有、解析することでサイバー攻撃の特徴や攻撃手法などの実態を把握。関係省庁や重要インフラ事業者に情報を提供していく。

(Security NEXT - 2012/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も