Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバー攻撃解析協議会」を発足 - 政府や重要インフラ事業者へ情報提供

経済産業省と総務省は、関係省庁やインフラ事業者へサイバー攻撃の関連情報を提供する「サイバー攻撃解析協議会」を発足する。

同協議会は、攻撃手法の巧妙化が進むサイバー攻撃の防御に必要とされる解析を目的としたもので、7月4日に開催された第30回情報セキュリティ政策会議で、総務大臣と経産大臣が発表した。

同協議会には、両省にくわえ、情報通信研究機構(NICT)、情報処理推進機構(IPA)、テレコム・アイザック推進会議、JPCERTコーディネーションセンターの4団体が参加。内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)がオブザーバを務める。7月12日に第1回会合を開催する予定。

今後の活動では、各団体が保有するマルウェアの解析結果や攻撃元の情報、攻撃の予兆を示すネットワーク関連情報など情報を共有、解析することでサイバー攻撃の特徴や攻撃手法などの実態を把握。関係省庁や重要インフラ事業者に情報を提供していく。

(Security NEXT - 2012/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
カスペ、サイバー攻撃対応のゲーム大会を開催 - オンラインでも参加可能
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
大阪商工会議所ら、中小企業狙うサイバー攻撃を実態調査 - 通信データ収集分析
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者