Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトの売買サイトが改ざん被害 - 閲覧でウイルス感染のおそれ

ウェブサイトの売買仲介サービスを提供する「サイトキャッチャー」のトップページが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染の可能性があることがわかった。

同サイトを運営するセルフデザイン・ホールディングスによれば、4月1日14時ごろに同サイトのトップページで改ざんが発生したもの。

閲覧するとトロイの木馬である「updata.exe」がダウンロードされ、誤って実行すると感染するおそれがあるという。個人情報の流出などは確認されていないとしている。

同社では、サイトを修正し、サーバ内のデータを削除した上で安全性の高いサーバへサイト全体を移行するなどの対策を実施。また、サイトを修正した同日21時までの間に閲覧したユーザーに対し、ウイルスへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か
ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害
年末年始にかけてサイト改ざん、閲覧者に影響なし - 南紀白浜観光局
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
環境省の洋上風力発電実証事業関連サイトが改ざん - 偽通販サイト設置、外部不正サイトへの誘導も
「DLmarket」への不正アクセス、顧客のクレカ情報も被害か
サイトに不正アクセス、電子カルテなどへの影響なし - 徳島県鳴門病院
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社