Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトの売買サイトが改ざん被害 - 閲覧でウイルス感染のおそれ

ウェブサイトの売買仲介サービスを提供する「サイトキャッチャー」のトップページが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染の可能性があることがわかった。

同サイトを運営するセルフデザイン・ホールディングスによれば、4月1日14時ごろに同サイトのトップページで改ざんが発生したもの。

閲覧するとトロイの木馬である「updata.exe」がダウンロードされ、誤って実行すると感染するおそれがあるという。個人情報の流出などは確認されていないとしている。

同社では、サイトを修正し、サーバ内のデータを削除した上で安全性の高いサーバへサイト全体を移行するなどの対策を実施。また、サイトを修正した同日21時までの間に閲覧したユーザーに対し、ウイルスへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
阪大の一部サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に