Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトの売買サイトが改ざん被害 - 閲覧でウイルス感染のおそれ

ウェブサイトの売買仲介サービスを提供する「サイトキャッチャー」のトップページが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染の可能性があることがわかった。

同サイトを運営するセルフデザイン・ホールディングスによれば、4月1日14時ごろに同サイトのトップページで改ざんが発生したもの。

閲覧するとトロイの木馬である「updata.exe」がダウンロードされ、誤って実行すると感染するおそれがあるという。個人情報の流出などは確認されていないとしている。

同社では、サイトを修正し、サーバ内のデータを削除した上で安全性の高いサーバへサイト全体を移行するなどの対策を実施。また、サイトを修正した同日21時までの間に閲覧したユーザーに対し、ウイルスへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ