Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報窃取狙うサイバー攻撃に注意を - IPAがチェックリストを用意

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブサイト運営者へセキュリティ対策の徹底を求め、注意喚起を行っている。

企業においてウェブサイトの活用が増加し、個人情報などを保存される一方で、こうした個人情報や機密情報の窃取を目的とするウェブサイトへのサイバー攻撃が、多数発生していることから、あらためて注意を喚起したもの。

同機構では、ネットワーク経路の防御、サーバの脆弱性解消、機密情報に対するアクセス制限、情報の暗号化、ログの監視や分析による早期発見、被害発生時の早急な対応など求めており、日ごろから対策を徹底するようチェックリストを用意して対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
個人情報保護委、海外の個人情報保護制度や個人識別符号に関する調査報告書を公開
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」