Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アダルトサイト架空請求の相談が倍増 - アニメやゲームサイトで誘導するケースも

東京都は、無料のアダルトサイトなどから誘導され、高額な利用料金を請求される架空請求に関する相談が増加しているとして、緊急消費者被害情報を公開した。

都によれば、7月に消費生活総合センターに寄せられたアダルトサイトに関する相談件数は192件で、今年1月から倍増。そのうち148件に関しては、請求画面をPC上に繰り返し表示させる不正プログラムに関する相談だった。

また未成年者が、無料ゲームサイトやアニメサイトなどアダルトサイト以外から誘導され、ユーザーの意志に反して会員登録されるケースも多いという。

相談事例として、年齢確認と入会確認に「はい」と答えただけで料金請求画面が表示されたケースのほか、無料画像をクリックしたらいきなり料金請求画面が表示されたケース、また女優の名前で検索して表示されたサイトにアクセスし、年齢認証を行ったところ、料金請求画面が表示されるようになったケースなどが紹介されている。

都では、このように意志に反して登録された場合契約は成立しないため、代金を支払う必要はないと説明。不審を感じた場合には最寄りの消費生活センターに連絡するよう求めている。

(Security NEXT - 2010/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
「違法画像を見た違反金を支払え、ただしiTunesカードで」 - 警察庁装う詐欺サイト
「詐欺被害相談サイト」に見せかけた架空請求に注意を - 電話番号でSEOか
GMOになりすました「SMS」に注意 - カード情報漏洩に便乗する電話も
動画料金を請求する偽DMMのSMSに注意 - プリカ番号要求詐欺
「DMM」装う架空請求 - SMSで法的措置と不安煽り、プリカ番号聞き出し
「LINE」経由だけじゃない「プリカ番号教えて詐欺」 - 数百枚を送ってしまったケースも
政府の関係者名乗るメールに注意を - マルウェア感染や詐欺の可能性
裁判所を装い「財産を差し押さえる」と脅すメールや電話に注意
ラック、同社関係者を装う架空請求メールに注意喚起