Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドライブレコーダー付属のSDカードにウイルス「MAL_OTORUN2」などが混入

コスモシステムは、同社が販売するub1TNS製ドライブレコーダー「DRS1100」「DRS-0965」の付属SDメモリカードに、複数のウイルスが混入したと発表した。

同社によれば、2009年12月から2010年1月までに製造された2658台に、オートランで感染するウイルス「MAL_OTORUN2」や、オンラインゲームのアカウントを盗む「TROJ_GAMETHI」が混入したという。

同社では、ウイルスが混入した可能性がある対象製品のシリアル番号を公表しており、心当たりがあるユーザーに対し、市販ウイルス対策ソフトなどで駆除するよう呼びかけている。

コスモシステム
http://www.cosmo-sys.co.jp/

(Security NEXT - 2010/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド、システムをロックダウンしてマルウェア侵入を防ぐソフト最新版
「Flash Player」更新アラート装いマルウェア感染狙う不正広告が拡散 - 「ニコ動」でも掲載
バッファローDLサイト経由で感染するマルウェアが判明 - JUGEMやH.I.S.と同じトロイの木馬
GMOペパボ、「JUGEM」のブログ管理者や閲覧者に注意呼びかけ - ネットバンク情報窃取のおそれ
非正規品の「Office」によるトラブルが増加 - マルウェア混入リスクも
人気動画ダウンローダーにDDoS攻撃用コンポーネント - 国内利用者も多数
AmazonのAndroidアプリストアに偽アプリが混入 - 無線LANクラックアプリ装うも単なる広告
デスクトップPCのドライバディスクにウイルス混入 - レノボ
アンラボ、韓国政府の委託で開発した不正Androidアプリの配布を防ぐ新製品 - 組込用ソリューションも提供
FFR、ソフト開発ベンダーやCSIRT向けのマルウェア解析ツールを発売 - 混入調査や挙動解析を実現