Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内サイトの改ざんは400件以上、「go.jp」にも - セキュアブレイン調査

ウェブサイトの改ざんが多発している。セキュアブレインが今週9日に実施した調査では、改ざんにより不正なJavaScriptが埋め込まれたサイトは400件以上にのぼっている。

4月前半くらいから閲覧者へウイルスを感染させることを目的としたウェブサイトの改ざんが多発。4月後半には、感染者からFTPアカウントを盗み出し、さらに感染者が管理するウェブサイトを改ざんするなど、より巧妙な攻撃を亜種が発生し、被害が拡大している。

こうしたウイルスについて一部では「GENOウイルス」などと呼ばれているが、今回同社では亜種も含め、改ざん被害に遭っているウェブサイトについて調べた。同社によれば、6月9日に実施した数時間の調査で、不正なJavaScriptを埋め込まれた国内サイトを400件以上観測したという。

約45%は国内企業が利用する「co.jp」ドメインで、個人が約50%だった。また具体的な感染サイトについては明らかにされていないものの、政府関係の「go.jp」や学校の「ac.jp」でも確認されたという。

(Security NEXT - 2009/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布