Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

合併前の点検で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 酒田信金

酒田信用金庫において、顧客情報含む書類1508件の紛失が判明した。合併前に実施した自主点検で明らかになったという。

同金庫で所在不明となっているのは、預金関連申込書1431件、出資金関連書類57件、貸出債権関連書類20件などあわせて1508件の業務書類。顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、生年月日、勤務先などが記載されている。

同金庫では、3月17日に鶴岡信用金庫と合併を予定しており、1月から2月にかけて合併前の自主点検を実施したところ判明した。同金庫では、外部へ持ち出した形跡もなかったし、同金庫内で誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。

同金庫では、今回の事故を受けて関連する顧客に対し、事情説明と謝罪を行った。情報の不正利用による二次被害の報告も確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起