Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテックとQript、セキュアメッセンジャーの販売で協業

インテックとQriptは、セキュリティへ配慮したIM「Yocto セキュアメッセンジャー」の販売で協業した。

同製品は、Qriptが開発したログ管理機能やユーザー管理機能を搭載したメッセンジャーソフト。従来、Qriptが数十から数百人規模へ対応するアプライアンスを提供してきたが、今回の協業を通じて両社はサーバの冗長化など大規模体制への対応など検証を実施。コールセンターやテレワークといった数千名規模の導入が可能となった。

インテックは、独自のアプライアンスサーバモデルを用意し、中小から大規模まで幅広く対応をする。また両社はセミナーなど共同でマーケティングを展開する計画だという。

(Security NEXT - 2008/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生