Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテックとQript、セキュアメッセンジャーの販売で協業

インテックとQriptは、セキュリティへ配慮したIM「Yocto セキュアメッセンジャー」の販売で協業した。

同製品は、Qriptが開発したログ管理機能やユーザー管理機能を搭載したメッセンジャーソフト。従来、Qriptが数十から数百人規模へ対応するアプライアンスを提供してきたが、今回の協業を通じて両社はサーバの冗長化など大規模体制への対応など検証を実施。コールセンターやテレワークといった数千名規模の導入が可能となった。

インテックは、独自のアプライアンスサーバモデルを用意し、中小から大規模まで幅広く対応をする。また両社はセミナーなど共同でマーケティングを展開する計画だという。

(Security NEXT - 2008/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバーセキュリティ月間の関連行事を募集 - 政府
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
メール誤送信で法人顧客のメアド流出 - すららネット
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
ライブイベントの当選メールを誤送信、メアド流出 - 近畿大
国体参加者情報など含む開発中システムに不正アクセス - 日本スポーツ協会
マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書