Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「QuickTime」のRTSP処理に脆弱性 - 危険度高いとセキュリティベンダーが警告

アップルが提供するマルチメディアソフト「QuickTime」に深刻な脆弱性が見つかった。すでに脆弱性の実証コードが登場しており、セキュリティベンダー各社は深刻度を「高」と位置づけ、注意を呼びかけている。

今回脆弱性が見つかったのは、「QuickTime 7.X」で、RTSPの処理に問題があり、攻撃者により不正に改変されたデータを処理した場合、バッファオーバーフローが発生して任意のコードが実行されたり、サービス不能に陥る可能性がある。

アップルでは、セキュリティアップデートとして10月に「QuickTime 7.2」、11月に「同7.3」を公開したばかり。今回見つかった脆弱性については、11月28日の点で修正プログラムやアップデートなどは用意されていない。脆弱性に対する攻撃を防ぐためには、不審なウェブサイトやリンク、QTLファイルへアクセスしないようにしたり、ネットワーク上の不正な通信に注意する必要がある。

アップル
http://www.apple.com/jp/

(Security NEXT - 2007/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
メルアカ乗っ取り、迷惑メール送信の踏み台に - 福知山市民病院
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業