Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

診察室にあった母子手帳がわずか8分間に所在不明へ - 都立病院

東京都は、11月9日に都立八王子小児病院で、母子健康手帳などを紛失する事故が発生したと発表した。盗難の可能性が高いという。

同院事務員が診療の準備のため、必要な書類をフォルダにまとめて診察室の入口付近にあるカルテ入れに置いたが、直後に医師が使用しようとしたところ、見あたらなかったという。目を離したのはお昼過ぎのわずか8分間で、その間に盗まれた可能性があるという。

紛失したのは、母子健康手帳や予約票、IDカード、処置伝票用紙で、氏名や性別、生年月日、保険番号など記載されている。同院では、診察のために必要な書類を再発行し、患者の家族に対して事情を説明。院内を探索したものの発見できなかったことから盗難の可能性が高いと結論付け、警察へ被害を届けた。

同院では、誤って別の患者に書類を渡していないか確認作業を進めており、母子手帳の取り扱い方法を変更するなど、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2007/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意