Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

診察室にあった母子手帳がわずか8分間に所在不明へ - 都立病院

東京都は、11月9日に都立八王子小児病院で、母子健康手帳などを紛失する事故が発生したと発表した。盗難の可能性が高いという。

同院事務員が診療の準備のため、必要な書類をフォルダにまとめて診察室の入口付近にあるカルテ入れに置いたが、直後に医師が使用しようとしたところ、見あたらなかったという。目を離したのはお昼過ぎのわずか8分間で、その間に盗まれた可能性があるという。

紛失したのは、母子健康手帳や予約票、IDカード、処置伝票用紙で、氏名や性別、生年月日、保険番号など記載されている。同院では、診察のために必要な書類を再発行し、患者の家族に対して事情を説明。院内を探索したものの発見できなかったことから盗難の可能性が高いと結論付け、警察へ被害を届けた。

同院では、誤って別の患者に書類を渡していないか確認作業を進めており、母子手帳の取り扱い方法を変更するなど、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2007/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀
NEC製ルータ「Aterm」シリーズ2機種に複数脆弱性
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集
OTPトークン盗み不正アクセス、奈良県職員が懲戒免職
マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託
山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分
新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市