Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフトが月例パッチを事前通知 - 深刻度「緊急」は6件

マイクロソフトは、8月の月例セキュリティ更新プログラムについて事前通知を行った。公開は15日を予定している。

更新プログラムは9件が公開される予定で、深刻度を「緊急」としたものが6件含まれる。影響を受けるソフトウェアは、「Windows」をはじめ、「XMLコアサービス」「Visual Basic」「Internet Explorer」のほか、「Office for Mac」に関連するものも含まれる。いずれも脆弱性が悪用されると外部からコードを実行されるおそれがあり、注意が必要。

また「重要」としたものも3件含まれ、「Windows Vista」においてリモートでコードが実行される脆弱性や、「Virtual PC」において特権が昇格される脆弱性などが解消される見込み。

マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知 - 2007 年 8 月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-aug.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意