Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報入りHDDを鞄ごとタクシーに持ち去られる - ダイキン工業

ダイキン工業は、個人情報など顧客情報を保存していた外付けハードディスクを3月17日未明に大阪市内で紛失したと発表した。

今回紛失したデータは、サービス本部大阪サービスステーションが保有し、同社従業員が自宅作業のために持ち出していたもので、空調機器の修理を依頼した顧客情報が保存されていた。同従業員が帰宅の際にタクシーを利用した際、ハードディスクが入った鞄を車内に置いたまま一時車から離れたところ、戻ったときには立ち去った後だったという。

ハードディスク内の個人情報は895件で、氏名、電話番号、空調機機種などが記載されていた。また5件については住所も含まれる。同社では、データの持ち出しについて上長の許可や暗号化などを規定を設けていたが、紛失したハードディスクにはセキュリティ対策が施されていなかった。

19日の時点で同社へ被害の報告はないが、悪用などの可能性もあるため注意してほしいと同社では呼びかけており、関係する顧客に対しても今後の対応の説明する謝罪状を個別に送付する。

また同社では、不要ファイルの削除や分析に用いるデータにおける個人情報の抹消、車内の再教育などを実施し、再発防止を目指すという。

(Security NEXT - 2007/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催