Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

群馬県、宅建の合格者情報が発表前に閲覧可能に - 2ちゃんねる書き込みで気づく

群馬県は、宅地建物取引主任者資格試験の合格者情報が、正式発表の前日に県のホームページ上で閲覧可能な状態になっていたことを明らかにした。

インターネットの掲示板「2ちゃんねる」で、翌日発表の試験合格者を閲覧できることが話題となっており、11月28日に報道機関より指摘を受けて判明した。同県では事実を確認後、サーバから該当するファイルを削除したという。

同データはPDFファイル形式で、発表時間以前にアップロードしており、さらにファイル名が容易に推測できる文字列だった。同県では、公開時間直前までファイルをサーバに置かないなど、再発防止策を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性