Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、186名分の社員情報がWinny上へ流出

KDDIは、社員の私用パソコンがウイルスに感染し、186名分の社員名簿および業務データなどがネット上に流出したと発表した。

2001年12月から2005年7月にかけて、自宅で作業を行うためデータを持ち帰り、個人用パソコンに保存していた。その後2006年3月29日にデータの流出が判明した。

流出が確認されているのは、同社員が所属する部署の2001年ごろの社員名簿で、186名分の社員情報が記載されていた。また、情報システム仕様書など業務データも含まれるという。

同社では、業務データの持ち出しや外部メディアへのコピーを禁止していたが、対策が不十分だったとし、社員教育や情報管理を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2006/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携