Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、186名分の社員情報がWinny上へ流出

KDDIは、社員の私用パソコンがウイルスに感染し、186名分の社員名簿および業務データなどがネット上に流出したと発表した。

2001年12月から2005年7月にかけて、自宅で作業を行うためデータを持ち帰り、個人用パソコンに保存していた。その後2006年3月29日にデータの流出が判明した。

流出が確認されているのは、同社員が所属する部署の2001年ごろの社員名簿で、186名分の社員情報が記載されていた。また、情報システム仕様書など業務データも含まれるという。

同社では、業務データの持ち出しや外部メディアへのコピーを禁止していたが、対策が不十分だったとし、社員教育や情報管理を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2006/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも