Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、186名分の社員情報がWinny上へ流出

KDDIは、社員の私用パソコンがウイルスに感染し、186名分の社員名簿および業務データなどがネット上に流出したと発表した。

2001年12月から2005年7月にかけて、自宅で作業を行うためデータを持ち帰り、個人用パソコンに保存していた。その後2006年3月29日にデータの流出が判明した。

流出が確認されているのは、同社員が所属する部署の2001年ごろの社員名簿で、186名分の社員情報が記載されていた。また、情報システム仕様書など業務データも含まれるという。

同社では、業務データの持ち出しや外部メディアへのコピーを禁止していたが、対策が不十分だったとし、社員教育や情報管理を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2006/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正