Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、12月のトップ10ウイルスを発表 - 「Sober-Z」が約8割

ソフォスは、2005年12月の「トップ10ウイルス」を発表した。同社によれば、12月は大量メール送信型のウイルスが急激に増加し、全メールのうち6.1%がウイルスメールだったという。

11月に出現したばかりの「Sober-Z」の流行は深刻で、報告された全ウイルスの78.92%を占めており、現在でも衰える傾向がないという。

同ワームはメールの添付ファイルとして送られ、感染するとセキュリティソフトを無効にし、さらにコンピュータ内のアドレスを収集して自身のコピーを送りつける。友人からの連絡やFBIからの警告、ワールドカップチケットの提供など、第三者を装って添付ファイルを開かせようとするため、不審なメールの扱いには十分な注意が必要だとしている。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Sober-Z
W32/Zafi-B
W32/Netsky-P
W32/Mytob-EX
W32/Mytob-FO
W32/Mytob-BE
W32/Zafi-D
W32/Mytob-GH
W32/Mytob-C
W32/Mytob-FM

(Security NEXT - 2006/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化