Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、1月のトップ10ウイルスを発表

ソフォスは、2005年1月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同発表によれば、2004年末に現れたワーム「Zafi-D」が報告数の44.0%を占め、2カ月連続で1位となった。同ワームはクリスマスカードを装って拡散するもので、ユーザーは、遅れてきたクリスマスカードと思い込んでファイルを開いてしまうのではないかと、同社は分析している。

また「Netsky-P」は、2004年3月以降には検出および駆除が可能になっているにもかかわらず、19.4%を占めて2位となった。同社では、1月に1329件の新規ウイルスを検知、駆除対応した。同社の統計では、1月に使用されたメールのうち4.3%以上がウイルスメールで、これは先月より若干低い数値になるという。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Zafi-D
W32/Netsky-P
W32/Zafi-B
W32/Sober-I
W32/Netsky-D
W32/Netsky-Z
W32/Bagle-AA
W32/Netsky-B
W32/MyDoom-O
W32/Netsky-C

(Security NEXT - 2005/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
サーバから顧客情報が削除され不正持ち出し - コンサル会社
工務店マッチングサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施