Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアード、双方向認証と指紋認証USBを組み合わせたシステムを発売

セキュアード・コミュニケーションズは、ワンタイムID双方向認証技術と指紋認証USBを組み合わせた認証システム「f-SKIP9」を発売した。

同システムは、同社のワンタイムID双方向認証技術「SKIP9」の認証鍵を格納した指紋認証USBを差し込むことにより、指紋認証後、ワンタイムIDによる双方向認証を行うもの。指紋データの読み取り、保管、解析、照合といった処理をすべてUSB内で行うため、指紋データの流出が防げる。

また、指紋認識付きキーをPCに差し込むだけでログインができるので、IDやパスワードの管理が不要。万が一PCを紛失した場合でも、キーがなければログインできないので、情報の流出や不正利用を防ぐことができる。

(Security NEXT - 2004/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も