Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日韓のセキュリティ組織が定期会合を開催

情報処理推進機構(IPA)や、JPCERT/CC、日本ネットワークセキュリティ協会は、韓国情報保護振興院(KISA)と情報セキュリティに関する第1回定期会合をソウルで開催した。

本年7月に締結された相互協力協定に基づく第1回目の定期会合で、情報セキュリティ評価および認証 (ISO/IEC 15408) 、国家レベルでの情報セキュリティ評価方法、ウイルスや不正アクセスに関する情報交換などが行われた。

また、年2回の定期会合を開くことや、 国家レベルでの情報セキュリティ評価方法を共同で開発、定期的なウイルス、不正アクセス統計情報の交換、セキュリティインシデント発生時における被害額推計方法の共同開発など、今後の協力内容として合意されたほか、IPAが、韓国のCCRA (Common Criteria Recognition Arrangement) の認証国への加盟支援を行う予定。

(Security NEXT - 2004/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に