Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトへ個人情報を誤掲載 - 下関市

山口県下関市は、入札告示を同市のウェブサイトに掲載した際、個人情報が含まれる無関係の情報を誤って掲載したことを公表した。

同市豊田総合支所において、地籍調査事業の入札に関する告示を市のウェブサイトに掲載したが、その際に担当者がパソコンを誤操作。業務に関係のない情報を公開してしまったという。誤って公開された情報には、41人分の個人情報が含まれていた。

(Security NEXT - 2016/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
新コロ患者情報をサイトに誤掲載、複合機でデータ取り違え - 神戸市
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
県サイトの公開入札情報に個人情報 - 新潟県
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
薬局ファックス番号を誤掲載、処方箋の誤送信が発生 - 大阪府