Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数ベンダーのルータに脆弱性 - 定期的に更新チェックを

複数ベンダーのルータでクリックジャッキングの脆弱性が明らかとなっている。少なくとも8社の製品より見つかっており、脆弱性情報の公開に向けて調整を進めているベンダーもある。

複数メーカーのルータにクリックジャッキングの脆弱性が存在するもの。管理画面にログインしている状態で、悪意あるページに訪れ、画面上のコンテンツをクリックすると、意図せず管理画面の操作が行われる可能性がある。

サイバーディフェンス研究所の岩崎徳明氏による報告を受け、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性情報は2015年10月にJVNで公開されたが、その後も情報が頻繁に更新されている。

現在、アライドテレシス、センチュリー・システムズ、プラネックスコミュニケーションズ、ヤマハ、古河電機工業、NEC、アイ・オー・データ機器、バッファローなどの一部製品が影響を受けることが判明しており、一部メーカーでは告知ページを用意。また脆弱性情報の公開に向けて調整中のベンダーもある。

ルータの脆弱性に関しては、今回のクリックジャッキングに限らず、外部から設定の変更やポートの開放、機能を有効化できる「UPnP」の脆弱性や、ルータがオープンリゾルバとして機能する脆弱性をはじめ、たびたび脆弱性が明らかとなっており、多くのベンダーがアップデートなどを実施している。

被害を未然に防ぐためにも、ルータ利用者は、管理画面などからファームウェアのバージョンを確認し、メーカーよりアップデートが提供されていないか定期的に確認する必要がある。また製品によってはファームウェアの自動アップデート機能が用意されており、活用すると良いだろう。

(Security NEXT - 2016/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性