Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apacheの不正モジュール用いる改ざん攻撃 - 旧版「Parallels Plesk Panel」で被害が発生

JPCERTコーディネーションセンターは、サーバ管理ソフト「Parallels Plesk Panel」の旧バージョンを利用する環境下において、ウェブサイトの改ざん被害が多発していることから利用者へ注意喚起を行った。

同ソフトは、ウェブインタフェースのコントロールパネルで、サーバの設定などが行えるサーバ管理製品。ホスティングサービスなどで広く活用されている。

3月にウェブサーバ内へ不正なApacheモジュールが設置される改ざん被害が多発したが、JPCERTによれば、被害を受けた環境は、「Parallels Plesk Panel」の旧バージョンを利用しているケースが多く、さらにその一部では、脆弱性が悪用されたことが判明しているという。

同ソフトに対する「SQLインジェクション」で、アカウント情報が窃取されたり、初期設定のパスワードや脆弱なパスワードが破られ、なりすましによるログインが発生。さらにログイン後、同ソフト上でスクリプトを動作させ、不正なApacheモジュールが設置されていた。

同プログラムを利用する環境では、「MySQL」「BIND」「phpMyAdmin」などもインストールされるため、「Parallels Plesk Panel」に限らず、これらもアップデートされずに古いバージョンで稼働している可能性もあるとJPCERTでは問題を指摘している。

「Parallels Plesk Panel」の本体や、OS、周辺のソフトウェアを最新の状態へアップデートすることや、アクセス制御など対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響