Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2012年最後のMS月例パッチは7件 - 「緊急」5件に対応予定

日本マイクロソフトは、12月12日に月例セキュリティ更新プログラム7件の公開を予定している。深刻度「緊急」のプログラム5件が含まれる。

深刻度が、4段階中もっとも高い「緊急」にレーティングされたのは、「Windows」や「Internet Explorer」「Office」のほか、サーバ製品に関する脆弱性を修正するプログラム。いずれも脆弱性が悪用されると、リモートでコードを実行されるおそれがある。

残り2件のプログラムは、深刻度が2番目に高い「重要」で、いずれも「Windows」の脆弱性に対応する。
また同社は、月例パッチの公開にあわせて「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」を更新する予定。

(Security NEXT - 2012/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 126」を公開 - 複数脆弱性を修正
「FortiOS」に5件の脆弱性 - アップデートで修正
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
MS、月例セキュリティ更新を公開 - 「クリティカル」は1件のみ
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
「Trend Micro Apex One」に7件の脆弱性 - アップデートで修正
機械学習ライブラリ「PyTorch」の分散RPCフレームワークに深刻な脆弱性
複数脆弱性に対処したGPUのアップデートをリリース - NVIDIA
BitDefenderのセキュリティ製品に脆弱性 - アップデートを提供
Arm製「Mali GPUカーネルドライバ」の旧版に脆弱性 - 悪用も