Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスを受け、不正なメール送信 - SOMPO HD傘下の開発会社

SOMPOホールディングスの子会社で介護や福祉関連のソフトウェア開発を手がけるエヌ・デーソフトウェアは、従業員のメールアカウントが不正アクセスを受け、意図しないメールの送信に悪用されたことを明らかにした。

同社によれば、従業員1人のメールアカウントが不正アクセスを受けたもの。502件の不正メールが送信された。すでに対策を講じており、メールの不正送信は停止しているという。

同社のメールアドレスより不審なメールが届いた場合は、メール本文に記載されたリンクへアクセスしないよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ