Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Lenovoの一部スマートクロックに脆弱性 - 乗っ取られるおそれ

Lenovoのスマートクロックに乗っ取りが可能となる脆弱性が明らかとなった。ファームウェアのアップデートにて修正されている。

「Lenovo Smart Clock Essential with Alexa Built In(日本未発売)」に脆弱なパスワードなどがハードコードされている脆弱性「CVE-2023-0896」が明らかとなったもの。

脆弱性を発見したCisco Systemsのセキュリティ研究者によれば、rootアカウントにおいて脆弱なパスワードがハードコードされており、「SSH」や「telnet」経由でアクセスして端末の制御を奪うことが可能だった。

初期パスワードは「123456」と設定されており、基本的な辞書を用いたブルートフォース攻撃でも1秒とかからず攻撃が成功したと指摘。ファイルシステムへアクセスも可能となり、端末を乗っ取られた場合、ソフトウェアなどをインストールされるおそれもあった。

脆弱性の報告を受けたLenovoでは、同脆弱性の重要度を「高(High)」とレーティング。ファームウェア「バージョン90」で脆弱性を修正した。ネットワークへ接続されている場合は、毎日0時に自動で更新が行われるほか、手動でアップデートを取得することもできるという。

(Security NEXT - 2023/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正