Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オープンデータサイトに掲載した調査結果に個人情報 - 東京都

東京都は、東京都オープンデータカタログサイトに掲載したアンケート調査結果に個人情報が含まれていたことを明らかにした。

都によれば、スタートアップとの協働に関するアンケートを実施し、調査結果を2022年2月4日より東京都オープンデータカタログサイトに掲載していたが、データファイル内に本来非公開とすべき約230人分の氏名、会社名、メールアドレスが含まれていたもの。

あらたに実施した調査の結果を掲載するため、2023年3月13日に過去のデータを点検していたところ、個人情報が含まれているのを発見し、削除した。

問題のデータはCSV形式のファイルで、サイト上で表示した場合はエンコードの関係で個人情報部分がいわゆる「文字化け」の状態だったとし、メールアドレスについては一部が隠れた状態で、判読にはセル操作が必要だったと説明。データをダウンロードした場合は、ローカル環境にて個人情報を確認できる状態だった。

データを公開していた期間中、関係者によるものも含め、データに対して777件のアクセスがあった。ブラウザより表示した件数、ダウンロードされた件数の合計で内訳はわからないという。問題の発覚を受け、都では対象者に謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2023/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要