Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アパレル通販サイトに不正アクセス - サイト閉鎖後に問題発覚

アパレル用品の通信販売サイト「TOMS Official Store」が不正アクセスを受け、個人情報が外部に流出した可能性があることがわかった。サイトの閉鎖より約2カ月後に被害が発覚したという。

同サイトを運営する双日インフィニティによれば、サイトのシステムの脆弱性を突く不正アクセスがあり、データを窃取する悪意あるプログラムを設置されたもの。

同サイトは、2022年8月31日に販売を終了し、同年10月1日に閉鎖されている。しかし、2022年11月29日になってクレジットカード情報が流出した可能性が判明。翌30日に個人情報保護委員会へ報告するとともに調査を進めていた。

2021年4月22日よりサイトを閉鎖した2022年8月31日にかけて、同サイトで会員登録や購入した顧客、商品の配送先など、個人情報3万6311件が流出した可能性がある。さらに購入時に用いられたクレジットカード情報3840件についても窃取され、不正に利用されたおそれがある。

氏名や住所、電話番号、メールアドレス、性別、生年月日、ファックス番号、会社名、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなどが対象となる。

(Security NEXT - 2023/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消