Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード

大丸松坂屋百貨店やパルコなどを傘下に持つJ.フロントリテイリングは、グループ会社のJFRカードにおいて、共同利用対象外である個人情報を同グループの顧客情報データベースに誤って送信するミスがあったことを明らかにした。

同社によれば、JFRカードが取得したカード会員の個人情報のうち、グループ内において共同利用の対象外としていた利用枠、決済口座、支払い状況などの個人情報を、9月12日より顧客情報データベースに誤って送信していたことが、11月1日に判明したもの。

対象となるのは、10月31日時点におけるゴールド含む「大丸松坂屋カード」のカード会員や2019年4月12日以降の退会者174万205人。さらに10月31日時点における「大丸松坂屋お得意様ゴールドカード」のカード会員および2017年4月12日以降の退会者17万3649人。あわせて191万3854人にのぼる。

9月からJFRカードが顧客情報データベースにデータ送信を開始した際、データ送信の項目を十分に精査しておらず、社内規程にある承認プロセスを経ずにデータ送信していたという。

顧客情報データベースにおいて個人情報を利用する前に発覚。誤送信したデータはすべて削除した。外部への情報流出については否定している。同社では対象となる顧客に連絡するとしている。

(Security NEXT - 2022/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市
「ビックカメラ」を装うフィッシング攻撃に注意を
QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省