Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に

BBソフトサービスは、7月に同社製品で収集したフィッシングサイトの状況を取りまとめた。

同月にフィッシング攻撃で悪用がもっとも多かったブランドは「三菱UFJニコス」。次いで「三井住友カード(Vpass)」が多かった。「セゾンカード」「イオンカード」なども上位10ブランドに入っている。

また7月にあらたに見られた動きとしては、三越伊勢丹ショッピングサイトのログイン情報を盗むフィッシングサイトが観測された。

カテゴリ別に見ると、「クレジットカード、ファイナンス」が前月から15.5ポイント増となり、83.2%にのぼっている。「ECサイト(5.9%)」「ウェブサービス(5.0%)」「携帯キャリア(2.8%)」が続いた。

同社が観測したフィッシング詐欺サイトにおいて悪用が多かった上位10ブランドは以下のとおり。

第1位:三菱UFJニコス
第2位:セゾンカード
第3位:au
第4位:Amazon
第5位:三井住友カード(Vpass)
第6位:イオンカード
第7位:えきねっと
第8位:NHK
第9位:エポスカード
第10位:メルカリ

(Security NEXT - 2022/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響