Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区

東京都北区は、起業セミナーの参加者に対して誤って個人情報含むファイルがダウンロードできるURLを送信するミスがあったことを明らかにした。

同区によれば、7月13日18時前、起業セミナー参加予定者49人へファイルをダウンロードするためのURLをメールで送信したが、セミナーの資料ではなく個人情報含むファイルがダウンロードできる状態となっていたもの。

問題のファイルには、起業家サロンで使用した11人の氏名、電話番号、メールアドレス、自己紹介、SNS、登壇者に対する質問などの情報が含まれていた。

翌14日にセミナーの参加予定者から指摘があり判明。同日、委託業者に個人情報含むファイルをダウンロードできないよう対応を依頼した。また、情報流出の対象者に電話連絡し、報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - つくばみらい市
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
メール訓練のノウハウをまとめた手引書を公開 - NCA
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
Apple、macOSやiOSのアップデートを公開 - ゼロデイ脆弱性2件を修正
入学選抜情報をクラウド上に保存、複数生徒がアクセス - 都立高校
記事執筆者の口座情報をメールで誤送信 - 日本ITU協会
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」を公開 - 総務省