Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco Catalyst 2940」に脆弱性が判明 - 10年以上前に対策済みだが、利用中止を

Cisco Systems製スイッチ「Cisco Catalyst 2940シリーズ」にあらたな脆弱性が明らかとなった。過去に公開されたファームウェアで対策済みだが、すでにサポート期間を終えており、製品の利用を中止するよう呼びかけられている。

「Cisco Catalyst 2940シリーズ」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「 CVE-2022-31734」が明らかとなったもの。

サイバーセキュリティ研究団の今岡陵氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。あらたにCVE番号が採番されているが、脆弱性そのものは、2011年にリリースされた「ファームウェア 12.2(50)SY」にて対策済みだという。

同製品は、2010年に販売を終え、サポート期間についても2015年に終了しているが、2022年の段階でも製品の流通が続いているとしてJVNにおいて脆弱性を公表した。

利用者に対して同製品の使用を中止し、後継製品に移行するよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2022/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処