Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで顧客のクレカ情報流出の可能性 - 教材販売サイト

進学塾向けの教材や教師用テキストを扱う通信販売サイト「CHUOHネットショップ」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出し、一部が不正利用された可能性があることがわかった。

同サイトを運営する中央教育研究所によれば、2021年4月23日から2022年3月9日にかけて同サイトで決済をした2270人のうち、新規に登録されたり、情報を更新されたクレジットカード情報2930件が、外部に流出し、不正に利用された可能性があるという。

サイトの脆弱性を突く不正アクセスにより、決済アプリケーションを改ざんされ、クレジットカードの名義、カード番号、有効期限、セキュリティコードを窃取された。登録済みのクレジットカード情報を呼び出し、クレジットカード情報を入力していない場合は影響を受けないとしている。

3月9日にクレジットカード会社から同社に対して情報流出の可能性について指摘があり、同日カード決済を停止。外部事業者の調査は4月15日に終え、同日警察へ被害を相談するとともに、同月18日に個人情報保護委員会へ報告した。

対象となる顧客に対しては5月24日よりメールで報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ