Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「e-Tax」の接続障害、原因はDB処理のパフォーマンス低下

国税の電子申告や納税が行えるシステム「e-Tax」において3月14日から翌15日にかけて接続障害が発生した。データベース処理に対する負荷の増加が原因だったという。

申告会場の混雑による新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、確定申告にあたり「e-Tax」の活用が呼びかけられてきたが、申告期限目前となる3月14日から翌15日にかけてアクセスの集中により断続的に接続しにくい障害が発生したもの。ログインできない状態となったり、ログインできた場合もデータ送信が行えない状態に陥った。

障害の発生を受けて国税庁では運用事業者と調査を進めてきたが、利用の増加によってデータベースの処理に大きな負荷がかかり、パフォーマンスが低下したことが原因であることが判明したという。

3月16日以降は申告数が減少し、安定して稼働していると説明。今回の問題を受けて、同庁では3月18日までに期限を迎える申告に影響が出た場合は、申告書を送信する際の特記事項に「e-Taxの障害による申告・納付期限の延長申請」を入力することで4月15日まで延長できる。

ただし、3月19日から21日までは、税制改正に対応する定期メインテナンスを実施するとしており、「e-Tax」を利用できないため注意が必要となる。

(Security NEXT - 2022/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日経新聞の海外現地法人がランサム被害 - 原因や影響を調査中
東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開
会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
ほくせんカードの会員サイトにSQLi攻撃 - 顧客情報4.4万件が流出の可能性