Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検定試験の解答用紙を紛失 - 中国語検定協会

日本中国語検定協会は、検定試験の一部解答用紙が所在不明となっていることを明らかにした。

同協会によれば、第104回中国語検定試験2級におけるリスニングと筆記の解答用紙50人分の所在がわからなくなっているもの。解答用紙には、解答のほかに氏名、受験番号、会場名が記載されている。

2021年12月2日に試験会場から届いた解答用紙を番号をつけて整理し、施錠した部屋に保管。同月4日に採点作業を開始し、夕方に採点枚数を確認した際に解答用紙1束を紛失していることが判明した。

探索を行っているが、1月7日の時点で見つかっていない。原因もわかっておらず、調査を進めているが、同協会では盗難の可能性は低いと見ているという。

警察へ遺失物届を提出。対象となる受験者については、不利益にならないよう最大限保障すると説明している。

(Security NEXT - 2022/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム