Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のDDoS攻撃は前月から微増、2.7時間にわたる攻撃も - IIJ調査

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、11月に同社で観測したDDoS攻撃の状況を取りまとめた。攻撃件数、最大規模の攻撃いずれも前月を上回っている。

同社が提供するDDoS攻撃対策サービスでの検知動向を取りまとめたもの。同月に観測した攻撃件数は559件。前月の547件から12件増加した。6月に879件を記録したが、以降は500件台で推移している。

1日あたりに換算すると18.6件となり、前月の17.7件を上回った。1カ月を通して見ると、おおむね5件から20件の間で推移しているが、11月20日には40件を超える攻撃を観測している。

同月に観測されたもっとも規模が大きかった攻撃は、LDAPやDNSなど複数のプロトコルを用いたリフレクション攻撃。約236万ppsのパケットにより、約19.61Gbpsのトラフィックが発生したという。前月もっとも規模が大きかった約188万pps、約7.04Gbpsを大きく上回った。

同月にもっとも継続した攻撃は2時間42分にわたるもので、最大で488.40Mbpsのトラフィックが発生。SYNフラッド攻撃やUDPフラッド攻撃など複数の手法が用いられたという。

20211228_ii_001.jpg
IIJが観測したDDoS攻撃の観測動向/div>

(Security NEXT - 2021/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害