Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ColdFusion」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを公開

Adobe Systemsは、「ColdFusion 2016」「同2018」の脆弱性を解消するセキュリティアップデートを公開した。

リモートよりファイルの読み込みが可能となる「CVE-2020-3761」や、ウェブサイトディレクトリにあるファイルの実行が可能となるファイルインクルードの脆弱性「CVE-2020-3794」が明らかとなったもの。

脆弱性はすべてのプラットフォームに影響があり、いずれも脆弱性の重要度を3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

同社は脆弱性を修正した「ColdFusion 2018 Update 8」および「同2016 Update 14」を公開。適用優先度を3段階中2番目にあたる「2」とレーティングし、30日以内を目安にアップデートするよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開