Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消

「Chrome」の開発チームは、「Windows」や「macOS」「Linux」向けに最新版となる「同71.0.3578.98」をリリースした。

同アップデートでは、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2018-17481」へ対応した。

同脆弱性は、外部より報告を受けていたもので「Chrome 70」で対処したが、追加の修正があり、今回のアップデートで再び対応したという。脆弱性の重要度は、4段階の評価において上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングしている。

(Security NEXT - 2018/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome 89.0.4389.114」がリリース - 8件のセキュリティ修正
「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性
データベース「MariaDB」に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性
「SpamAssassin」に脆弱性 - 悪意ある設定ファイルでコード実行のおそれ