Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Workstation」「Fusion」にサービス拒否の脆弱性

「VMware Workstation」「VMware Fusion」にサービス拒否に陥る脆弱性が含まれていることがわかった。一部バージョンに対してアップデートがリリースされている。

20180316_vm_001.jpg
注意喚起を行ったVMware

両製品において、多数の「VNCセッション」を開くことでサービス拒否に陥る脆弱性「CVE-2018-6957」が含まれていることが判明したもの。

脆弱性の重要度は「重要(Important)」。「VNC」はデフォルトで無効となっており、有効化している場合に脆弱性の影響を受けるとしている。

同社は、アップデートとして「VMware Workstation 14.1.1」「Fusion 10.1.1」をリリース。「VMware Workstation 12.x」「Fusion 8.x」にはアップデートを提供しておらず、緩和策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2018/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で