Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイ・オー製ネットワークカメラにCSRFの脆弱性 - 修正ファームウェアが公開

アイ・オー・データ機器が提供する複数ネットワークカメラのファームウェアに脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同社が提供する「TS-WPTCAM」「TS-WPTCAM2」「TS-PTCAM」「TS-PTCAM/POE」「TS-WLC2」「TS-WLCE」「TS-WRLC」のファームウェアにクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2017-2223」が含まれていることが判明したもの。

これら製品へログインした状態で細工されたページへアクセスすると、意図しない操作が行われるおそれがある。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの諌山貴由氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性を修正したファームウェアが公開されている。

(Security NEXT - 2017/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
WPプラグイン「WooCommerce Social Login」に複数の脆弱性
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ