Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat 8.5.0」以降に情報漏洩の脆弱性

「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性が含まれていることがわかった。開発チームやセキュリティ機関では注意を呼びかけている。

同ソフトウェアにおいて、複数のリクエストの処理に同一の「Processor」が用いられ、セッションIDやレスポンス情報が漏洩するおそれがある脆弱性「CVE-2016-8745」が判明したもの。「同8.5.0」以降が影響を受けるという。

開発チームでは、「同8.5.9」にて脆弱性を修正。アルファ版においても「同9.0.0.M15」で対処した。開発チームやセキュリティ機関では最新版を利用するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性12件を修正
「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
サーバ管理ソフトウェア「Froxlor」にXSS脆弱性 - 乗っ取りのおそれ