Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

買取時の古物取引承諾書が所在不明に - ブックオフ

ブックオフコーポレーションは、BOOKOFF秋田仁井田店で物品を売却した顧客の個人情報が記載された古物取引承諾書1227件を紛失したと発表した。

同店舗は2015年5月に閉店しているが、同店舗で扱った古物取引承諾書について確認したところ、1227件を紛失していることが判明したという。

所在不明となっている書類には、2014年6月から12月の間に同店で品物の買取サービスを利用した顧客の氏名や住所、電話番号、年齢、職業、取引内容などが記載されていた。

(Security NEXT - 2016/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
マスクの価格訂正メールで誤送信 - 白十字
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - 歯科関連出版社
納期遅延の通知メールで送信ミス - ソフト販売会社
高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県